Kanehira

Kanehira Kanehira

CLOSE

お問い合わせ

SAF510

CNC砥石成形盤

超薄物、複雑形状、総形など超砥粒ホイールの性能がもっとも価値をもつ分野で威力を発揮する高性能マシーンです。

高精度成形ホイールによる研削事例

加工実績

本機にてφ0.09PCBドリルフルート溝加工用ダイヤホイール(#2500)成形後、お客様研削盤にて1本目より1000本研削加工後の溝形状の良好な維持、及び形状愚見100%満足を達成。
またφ0.1PCBドリルフルート成形10回同一形状試験において良好な再現性を達成。

極めつけの高剛性

ベッドを含め機械構造の全てが、ダイヤ加工機のカネヒラのノウハウを集約して開発されており、高剛性を保証します。
完全箱型構造のコンクリート充填ベッドで、剛性と高い振動減衰性能を持っています。

テーブルスライドには高精度リニアローラーウェイを仕様。剛性と高精度な動きが可能になります。SAF-410-CNC5-CCDでは成形加工時の機械重心移動によるマシントレースラインエラーをサブミクロンレベルに抑えます。

法線方向制御

プログラム運転にて加工用砥石が常に法線方向を向くように旋回軸を制御し、正確な輪郭加工が可能です。

デジタルカメラ

デジタルカメラは門形構造の機上測定台にセットされており、振動や熱変異の悪影響を最小限にくいとめます。
また多彩な測定及び測定画像の保存が可能で高倍率測定に威力を発揮します。

倍率200倍 φ150mmワーク外周 (ドリルフルート研削用ホイール)0.02mm/div

豊富なソフト/CAMシステム

簡単に5軸制御の本機を運用できます。
対話型プログラミングシステムにより、定められた形状を加工するためのマクロのプログラミングが容易になります。 さらにKG-CAMによりCAD図面(DXF形式)および多点データを利用して任意形状を加工するためのプログラムを簡単に作成することができます。

KG-CAMシミュレーション画面

対話式プログラミングシステム

KG-CAMシミュレーション画面

パターン・プログラムマクロ例

高精度のポイント

各社研削盤のフランジ及びアーバー付マルチセットホイールの修正に対応します。(下図ツーリング図参照)

研削盤から取り外したダイヤモンドホイール付のスピンドルクイールを本機にセットでき、成形時ホイール振れを極小にすることによって加工時のホイール初期摩耗を最小にします。(スピンドルが良好なコンディションであることが重要です。)

ホイール(ダイヤモンド&CBN砥石)をホイールアーバーやフランジに、シングルあるいはマルチでセットした状態で修正できます。これにより研削盤上でのホイールのナラシ研削・修正ドレスが不要または最短時間で可能です。研削加工におけるナラシ研削・機上ドレス作業を行うことによるロス時間を大幅に短縮し、研削盤実駆動時間の大幅な向上が図れます。

ワーク軸に各種アーバーまたはアダプターを交換装着することにより、異なる研削盤のフランジ及びホイールアーバーに高精度に対応できます。また、各種アダプター装着済スピンドルクイル及び各社研削盤スピンドルクイルを交換式クイルホルダーにより装着でき、より高精度に修正可能です。

オプション

  • シグナルタワー | 赤 オレンジ 緑
  • 操作銘版 | 各国語表示
  • 【操作銘版】
    タンク容量 ポンプ | 60L 60W
    タンク容量 ポンプ | 100L 180W 簡易ペーパーフィルタ付
  • 【ワーク軸】
    回転数(インバータ使用) | 25~250min-1

    スピンドルクイル用交換式ホルダー | φ45mm 1式
    スピンドルクイル用交換式ホルダー | φ60mm 1式
    スピンドルクイル用交換式ホルダー | φ70mm 1式

外観寸法図

Kanehira

PAGE TOP